現実逃避主義ナ野良犬

オンラインゲームFinalFantasyXI(FF11)のプレイ日記をメインにした日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仙台旅行(2日目)

ではでは、仙台旅行(二日目)をどうぞー



9日
今日は朝ごはんを8時からとお願いしていたので、朝風呂へ入るため7時に起床。
が、目が覚めるとものごっつ体が重いというかだるいというか、非常に動きたくない状態。

夜中4、5回ぐらい目が覚めたせいなのか、車に乗りっぱなしが効いたのかがわからないんだけど、すんごいしんどかった。

なので、7時に目は覚めたのだけど10分ぐらい布団の中でごろんごろんw

にしても夜中にこんなに目が覚めたのはすごい珍しい。
枕が違うからなのかのう?
ひとつ覚えてるのはオロロのいびきがすごかったからそれが原因な気も・・・w

てことで、他の3人は寝てたので、たたき起こすもピオラは行かないとのことだったので、オロ、ヨザと朝風呂へ。


朝風呂は男女が入れ替わってたので、昨夜入ったのとは別の風呂になってました。
こっちも、同じように岩風呂風なんだけど、ちょっと昨晩のよりは小さめだったかな。
ちゃんと露天もついてるんだけど、なんとなくこっちも小さい感じがしました。

とは言えども、朝起きてザバッと風呂に入るとさっぱりしてホント気持ちがよかった(*'-')

で、俺だけちょっと長風呂して戻ると、丁度朝食を準備してるところでした。

朝食は、シンプルな感じのが多かったんだけど、豆腐かまぼこのバター焼きが美味かった。
味がなさそうなのに、食べてみるとしっかりと味がして、これはご飯結構いけそうでしたw

朝食後は、10時チェックアウトなので、それまでどこ行こうかとか相談開始。

で、丁度来てた部屋担当の人に聞いたら、近くに万華鏡美術館と秋保大滝という滝がありますよ、とのこと。
てことで、即決して両方行ってみる事に決定し出発w


まずは、滝へ行ってみようということで、ナビ子の指示で30分ぐらい向かった所に、また神社がそばにある場所へ到着。
駐車場にからは見えないんだけど、音がしてて、進路にしたがって進むと、滝がいい感じで見えてました。



#上からの図


本当はそのまま道を進むと滝の下へいけるはずなのだけど、道が壊れてるらしく進入禁止の看板があったので、逆戻りすることに。

で、丁度滝が見えてる所に茶屋があって、そこにあった豆腐アイスクリームをヨザが気になったようで、ちょっとそこで一休み。

豆腐アイスクリームは一口食べさせてもらったのだけど、甘味はほとんどなかったのだけど、旨みもちょっと少ない感じでした。
これは、餡子を一緒に入れるともっと美味くなるような。

ちなみに、これのお値段は500円。
結構高いw

外の張り紙に値段書いてないのが怪しかったけど、まさかそんなするとはw


#茶屋
#見ての通り、品名はあれど、値段は無しw

後は、店の人がお茶出してくれたときに、オロのコップが使用済みのをそのまま出されたのがおもろかったw
お茶とコップが外においてあるんだけど、店の人が丁度いないときに客のおっちゃんが使って、そのまま使ってないかのようにおいていったコップがあったのです。
オロがそれに気づいてたんだけど、店の人が俺らにお茶出してくれたときに、しっかりとおっちゃんの罠に引っかかってたw

それと、神社のところに他でもよく見かける湧き水があって、それで手を洗ってみたんだけど、なんかそのあと手がすべすべしてたのが驚いた。
なんか肌によかったのかのう?

で、その神社を後にして、今度は滝の下へ降りれる方へナビ子の誘導でまた移動。

こっちは、なかなかすんごかった。
まず、滝の下にまで降りる道がしんどいw

上ったり下ったりしながら進みし、最後滝のところまで降りるところがかなり急。
これは特に帰りがしんどかった(>_<)

でも、その分滝のそばまで行ったときはかなりすごかった。
大きい滝なんだけど、ここまで近くに滝のそばに行ったのははじめてかも。

もー、これはマイナスイオンたっぷりな感じ。
ここの滝でだけはサンダルで行ってよかったと思った(´∀`)
ジーンズをたくし上げて、川の中にざばざばはいりながら写真とりまくってたw

もっと暑かったら、もっと気持ちよかっただろうなあ。

写真はとったんだけど、これはぜひ直に見てもらいたい。



#下からの図 その1



#下からの図 その2
#オロ(奥の腕上げてるほう)とヨザ



#下からの図 その3
#ちょっと近づいての一枚



#滝までの道のり
#わかりづらいかもだけど、かなり急なのです。


で、しばらく滝のところにいた後は、万華鏡美術館へ。
URL:http://www.iyashisekai.com/sendai/

万華鏡というと、古臭いイメージがあってそこまで面白くなさそうだったんだけど、意外とここも楽しかった。
いろんな種類の万華鏡があって、両目で見るものや、やたらでかいものとかほんと色々。
なかには、一昔前のドラマとかで使われるトンボの目で見たようなシーンのように見える奴も。
(まんま、ドラゴンフライというらしい)


特に気に入ったのは、
・水の上に花が浮かんで回っているのを万華鏡を通してみるやつ(これは、化粧品のCMとかにつかえそうw)
・こんな形 |- で縦の部分の上下を変えてみる奴。(説明むずい。。。)
 これは打ち上げ花火みたいに見えてきれい。
・中身が金色のやつ。万華鏡のイメージは原色系ばかりってイメージだったんだけど、
 これは高級というかインドとかそっち方面の金って感じできれいだった
の3つかなあ。

つーか、撮影不可だったのがかなり残念。
万華鏡の見た目のイメージを文字で伝えるって難しすぐるw


ここも一通り堪能した後は、当初の予定でも話していた青葉城跡へ。

ここでは、資料館入り口でCG再現映画が始まるとアナウンスしてたので、まずはCGで再現した青葉城のミニ映画を鑑賞。
これで見て初めて知ったけど、青葉城ってよくある城って感じの造りじゃあないんだねえ。
普通によくある城の造りなのかとおもってたよ。。。

しかも、何気にCGので伊達政宗の声が波平さんだったw

その後は、資料館で刀とか色々みて、そのままお土産購入。
もちっと色々あるかと思ったんだけど、笹かま、萩の月、牛タンぐらいしか売ってなかったのがちょっと残念。




#伊達政宗像
#ちょっと顔がおっさんwww

そして14時過ぎたので、本日のメインとも言える牛タンを食べに行こうという話に。
みんな朝ごはん以外食べてないので、かなり腹が減ってたので意気揚々としてたのだけど、ここでひとつ問題が発生。

行こうとしてた店、午前は14時半までということが判明(ノД`)
後30分は間に合うのか微妙くさい。。。
午後は17時から開店になってたので、みんな我慢してそれまでどっかで時間をつぶすことに決定。

で、行くことにしたのは、朝の時点でヨザが目をつけていた「仙台市科学館」
URL:http://www.kagakukan.sendai-c.ed.jp/

さすがにちびっ子だらけだったけど、これはこれでおもろかったw
科学館とは名前が付いてるけども、科学、化学、それと博物館がごっちゃになってて、自分でも色々試して遊べるのが結構あるのがよかった。
なんか学校で習ったのを思い出すようなのもあって懐かしかったってのもあるw

なんだかんだで時間もつぶせたので16時過ぎぐらいに、牛タン屋へ出発。
もー、このときは、おなかの減り具合もかなりで、かなり力が入らない感じだったw

まずはナビで近場を設定して行ってみたのだけど、街なかのためか駐車場がなさそうだったので、そこは断念。
ピオラがPC(AirH”付きw)をもって来てたので、ネットで調べて高速に近そうな場所を再度チョイス。
ヨザが電話かけて駐車場があるか確認してくれて、駐車場もあるとのことだったのでそこへ直行。

ちょっと渋滞に巻き込まれたのだけど、17時半には店へ到着。
ちなみに店は「利久(泉中央店)」という店。
URL:http://www.rikyu-gyutan.co.jp/

もー、今まで食った牛タンとは、一味も二味も違って美味かったー
牛タンの塩焼きもかなりの厚切りだし、牛タンのタレも初めて食ったけどこれも美味い。
そのほかに、牛タン煮込み、牛タンのから揚げとかも頼んだけど、どれもこれも満足のいく味でした。

これは、仙台行ったらぜひ食ってほしいw



#左手前が牛タンのタレ味
#ご飯の前のが、牛タンの塩味。


で、おなかも満足したので、後はおとなしく八戸へ。


なーんか、ヨザも言ってたけど、見たルートを考えると修学旅行っぽい気がしなくもないwww
楽しかったからなんでもよいけどねw


来年もまたワイワイやりながらどっか旅行行きたいもんです。ヽ(´―`)ノ
スポンサーサイト
  1. 2006/09/09(土) 23:59:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【えーっと。】 | ホーム | 仙台旅行(1日目)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://espdogs.blog29.fc2.com/tb.php/79-a92dff65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。